NFTとは?どこよりもわかりやすくNFTの仕組みを解説

NFTって何?暗号資産(仮想通貨)とは違うの?

NFTという言葉が徐々にニュースにも登場するようになりました。世界中の企業がNFTに注目していて、かつNFTの仕組みを活かして何億と稼ぐ方も登場してきています。今回は、どこよりもわかりやすく「NFTとは」について解説します。

NFTとは?

NFTとは

簡単に説明すると

偽造ができない証明書付のデジタルデータ(画像、音声、動画、ゲームアイテム・・・)のこと

を言います。

今まで、デジタルデータというのは、容易にコピーができるものでした。

人気キャラクターの待ち受け画像があったとしても、パソコン上でコピーペーストしてしまえば、同じものが複製されてしまうものでした。容易にコピーができてしまうため、デジタルデータは、絵画や宝石、コレクターアイテムのような資産価値はないものとして考えられてきたのです。

しかし、ブロックチェーンの技術がデジタルデータを「唯一無二のものである」ことを証明することができるようになり、NFTというもの・考え方が登場したのです。

ブロックチェーンの技術とは

取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術のこと

ブロックチェーンでは、みんなが台帳を作って、取引履歴を管理するため

  • 改ざんが非常に困難
  • システムダウンが起きない
  • 取引の記録を消すことができない
  • 自律分散システム

という特徴があり、だからこそ「このデジタルデータはオリジナルのモノである」と証明することができるため、NFTというものが誕生したのです。

NFTをもっと、専門的に解説すると

NFTとは

「Non Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の頭文字を取ったものとなり、日本語に訳すと「非代替性トークン」となります。

トークンとは

トークン(token)の直訳は「しるし」「証拠」という意味で、従来の紙幣に代わって利用されるお金の「しるし」のことで、暗号資産(仮想通貨)もトークンですし、ネット決済やクレカ決済の際に使う認証デバイスそのものをトークンということもあります。企業が発行するポイントも、紙幣に代わり金銭的な価値を持つトークンの一種と言えます。

非代替性トークンとは

代わりのいないトークンのこと

を言います。

  • ビットコイン → 代替性トークン
  • NFT → 非代替性トークン

となります。

代替性のあるもの:交換しても価値が変わらない、固有の価値を持たないもの
  • お金
  • ポイント
非代替性のあるもの:固有の価値を持つもの
  • 有名選手のサインが入ったプロ野球カード
  • ピカソの絵画

AさんのビットコインとBさんのビットコインを同額交換しても、全く問題にはなりませんが、Aさんの有名選手のサインが入ったプロ野球カードとBさんの有名選手のサインが入っていないプロ野球カードを交換すると、価値が異なるため、交換が成立しないのです。

つまり、

NFT = ブロックチェーン技術によって、取引履歴やオリジナルであることが証明できる金銭的な価値を持つデジタルデータのこと

を言うのです。

NFTが注目されている理由

NFTは、取引履歴やオリジナルであることが証明できる金銭的な価値を持つデジタルデータですので、今までにない形で活用されています。

デジタルアートの販売

偽造ができない、コピーとオリジナルを区別ができるため、デジタルアートにも、絵画などと同じような価値が生まれています。

デジタルアーティスト「Beeple」(本名:マイク・ヴィンケルマン)
NFT(非代替性トークン)に基づいたデジタルアート作品《Everydays – The First 5000 Days》クリスティーズのオンラインセールにて約6935万ドル(約75億円)で落札

出典:クリスティーズのウェブサイト
  • 現存アーティストのオークション記録:第3位
  • デジタルアート作品:過去最高額
  • オンラインのみのオークション:過去最高額
  • オンライン落札価格:過去最高額

NFTゲームでの「Play to Earn(P2E)」

「Play to Earn(P2E)」とは、文字通り「遊びながら、稼ぐ」という趣旨のゲームです。NFTという技術によって、ゲーム内のアイテムやカードも改ざんできずに、オリジナルであることが証明できるようになりました。

そのため、ゲームで手に入れたカードやアイテムなどをNFTとして売買することで、稼ぐことができるようになったのです。フィリピンでは、子どもから大人まで、NFTゲームをすることでポイントを稼ぎ、フィリピンの最低賃金を上回る収入を得ることも可能になったと話題になっています。

日本人でも、数千万円を稼ぐ人がどんどん登場してきています。

上記のように「デジタルデータをコピーとオリジナルを区別ができる」というだけの機能に見えるNFTですが、画期的な技術であり、ゲームやアートの世界を皮切りに、色々なサービスへの展開を企業が模索するようになっています。

だからこそ、注目度が高く、今後、一般的な生活でも、どんどんNFT、ブロックチェーンの技術が登場していくものと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。